メタトレーダー4のEA


メタトレーダーの大きな利点は、ユーザー独自の自動売買システムを作成し、実際の取引に使用できるということです。この際に作成し使用する自動売買プログラムのファイルは、Expert Advisor(略してEA)と呼ばれます。 EAは例えばエクセルのマクロ機能のように、メタトレーダー4に付属しているエディタでそのプログラムを作成します。このエディタはMetaEditorと呼ばれ、メタトレーダー4から開くことができます。

ユーザーはMetaEditor上で新規ファイルを作成し、そこにプログラムを書き込むことになります。この際使われるプログラム言語は、Meta Quote Language 4(略してMQL4)と呼ばれます。MQL4は、C言語に類似したプログラム言語です。 エクセルのマクロ作成に使用されるVBAもC言語に似ていると捉えれば、エクセルでマクロ作成を行った経験のある人は、比較的容易にMQL4の仕組みを理解できるでしょう。

MQL4によってMetaEditor上に書かれる個々の暗号コードは「コード」と呼ばれ、コードが集まった形となる一連のプログラムは「スクリプト」と呼ばれます。 スクリプトが完成した場合、ユーザーはMetaEditor上でコンパイルボタンをクリックし、これをコンパイルします。コンパイルとは、スクリプトが書かれたファイルをメタトレーダーで利用できる形にするということで、この際メタトレーダー4上で実際に自動売買を実行する、拡張子が「.ex4」となるEAのファイルを生み出すことになります。 尚、MetaEditor上でスクリプトを書き込み作成したファイルは拡張子が「.mql」となり、EAとは別のファイルになりますので注意が必要です。

コンパイルをかけてもスクリプトのコードが間違っている場合には、コンパイルエラーとなります。コンパイルエラーとなったら、ユーザーはスクリプトの中の間違った箇所を訂正し、再びコンパイルを実行することになります。コンパイル作業によってメタトレーダー上で実際に利用可能となったEAは、メタトレーダー4上のナビゲーターウィンドウ内の「Expert Advisors」フォルダ内に、利用可能となったEAのアイコンを見つけることができます。

コンパイルエラーとなっているEAは、コンパイル済みEAのアイコンが明るく色づけられた物であるのに対して、暗い色の表示となります。コンパイル済みのEAの場合、そのアイコンをダブルクリックすれば、そのEAの内容を表示するウインドウが開きます。その内容を確認して問題がなければ、そのEAの実行に移れます。

メタトレーダー4を扱うFX取引会社の中には、口座開設者に対しEAの使用法に関するサポートを行っている業者もあります。



メタトレーダーを無料で提供する国内FX会社・人気No.1はココだ!


  会社名 取引手数料 ドル円スプレッド 提供ソフト 申込み
FXトレードフィナンシャル(FXTF) 無料 HP参照 メタトレーダー 詳細

FXトレード・フィナンシャル
口座開設申し込みページへ進む

>>メタトレーダー人気業者ランキング2位以降はコチラ

TOP
MT4利用可能業者<4社>
メタトレーダー関連コラム
運営者情報・リンク集

FXトレード・フィナンシャル