メタトレーダー4のインジケーター


メタトレーダー4では、「Custom Indicator」と呼ばれるものが利用できます。これはメタトレーダー4のチャート上で利用できるインジケーターとなり、チャート上の過去の値動きの検証などに使用されます。

Custom Indicatorは、EAのようにMQL4を使ってMetaEditor上のファイルにそのスクリプトを書き込み、コンパイルによって拡張子が「.ex4」となるファイルを作り出すことによって生みだされるものです。もちろんEAとは異なり、直接自動売買に使用するものではありません。

Custom Indicatorは、メタトレーダー4のチャート上のデータにおいて指定の基準に則って指標データを示すものになります。そしてこれはチャート上のデータを使って、定義された基準での指標データを抽出するということになり。そのためメタトレーダー4上での利用手順は、EAのようにMQL4を使って抽出基準となるスクリプトを作成し、その上で利用するという形です。

コンパイル済みのCustom Indicatorは、EAと同様にメタトレーダー4上のナビゲーターウインドウ内の「Custom Indicators」フォルダ内に、明るい色のアイコンが表示されます。このアイコンをダブルクリックすると、その内容が表示されたウインドウが開きます。内容を確認して問題がなければ、チャート上の表示に移ることができます。するとそのインジケーターが、メタトレーダー4上でアクティブになっているチャート上に表示されるのです。

メタトレーダー4には初期状態において、既にたくさんのCustom Indicatorが付属しています。ナビゲーターウインドウ内のCustom Indicatorsフォルダを開くと、たくさんのCustom Indicatorを見つけることができるでしょう。

EAは1つのチャート上で1つのEAしか使用はできませんが、Custom Indicatorは1つのチャート上に、たくさんの表示ができます。Custom Indicatorの表示基準は、MetaEditor上でCustom Indicatorのスクリプトを変更すればよいので、その取り扱いは多岐に渡ったものになります。また、扱い方も簡単です。

メタトレーダー4では、外部から長期の過去データを取り込むことによって、長い期間の過去データを設定できます。そのため通常のFX取引ソフトと比べてみると、ずっとボリュームが大きい過去データの分析ができるでしょう。インジケーターによる分析を重視するユーザーにとって、Custom Indicatorの使用によってメタトレーダー4は非常に魅力的なツールになるといえるでしょう。

今後インジケーターによる分析は、ユーザーニーズが高まることが予想されます。そうなれば、各社が独自のCustom Indicatorによるサービスを提供することになるかもしれません。



メタトレーダーを無料で提供する国内FX会社・人気No.1はココだ!


  会社名 取引手数料 ドル円スプレッド 提供ソフト 申込み
FXトレードフィナンシャル(FXTF) 無料 HP参照 メタトレーダー 詳細

FXトレード・フィナンシャル
口座開設申し込みページへ進む

>>メタトレーダー人気業者ランキング2位以降はコチラ

TOP
MT4利用可能業者<4社>
メタトレーダー関連コラム
運営者情報・リンク集

FXトレード・フィナンシャル