メタトレーダー4のメール設定


メタトレーダー4では相場価格が指定した基準に達したりした場合にアラートを発信することができます。これはメタトレーダー4の「ターミナル」ウィンドウの「アラーム設定」タブ内で右クリックをして表示される選択肢で「作成」を選び、それにより開く「アラーム設定」ウィンドウで条件を設定して「OK」を押せば可能となりますが、このアラーム設定ウィンドウ内の「アクション指定」の項目でスクロールダウンをすると「Mail」という選択肢を見つけることができます。これを選択すると音声によるアラームではなく、設定したメールアドレスにメールが送信されることになります。

この場合アラーム設定ウィンドウ内での設定前に初期的なメール設定が必要になります。

メタトレーダー4のメニューバーからツール(T)>>オプション(O)と進めば「オプション」ウィンドウが開きます。この中の「Eメール」タブで設定をすることになります。

まずタブ内の「有効にする」にチェックを入れます。次に、その下の「SMTPサーバー」の欄に発信元の SMTPサーバーを入力します。次にその下の「SMTPログインID」の欄に発信元の SMTPログインIDを入力します。次にその下の「SMTPパスワード」に発信元の SMTPパスワードを入力します。次にその下の「発信元」の欄に発信元のメールアドレスを入力します。次にその下の「送信元」の欄に送信元のメールアドレスを入力します。これで「Test」を押すとテストメールを送信することができます。テストメールの送信が成功したら「OK」を押してオプションウインドウを閉じて完了です。ちなみに「SMTPログインID」と「SMTPパスワード」は入力しなくても送信できるようです。

この設定が終了すれば前に述べたアラーム設定ウインドウの「アクション指定」で「Mail」を選択しそれ以外の設定を行えばアラーム指定した送信先にメールが送信されます。希望する条件に沿って「通貨ペア」、「条件」、「価格」、「間隔設定」、「反復数」を設定してみましょう。この場合でも同様に「Test」を押せばテストメールを送信できます。テストメールが成功した場合は最期に「OK」を押せば設定完了となります。

ちなみにEAのプログラミング上のコードとしては、メール送信は「SendMail( メールの件名,メールの内容) ;」となります。もちろん実際にはこのコードを利用する場合の条件式などを上に付け加えたりしますが、これだけでコードとしては独立しているものとなります。



メタトレーダーを無料で提供する国内FX会社・人気No.1はココだ!


  会社名 取引手数料 ドル円スプレッド 提供ソフト 申込み
FXトレードフィナンシャル(FXTF) 無料 HP参照 メタトレーダー 詳細

FXトレード・フィナンシャル
口座開設申し込みページへ進む

>>メタトレーダー人気業者ランキング2位以降はコチラ

TOP
MT4利用可能業者<4社>
メタトレーダー関連コラム
運営者情報・リンク集

FXトレード・フィナンシャル