Forex.comのMT4




Forex.comは、アメリカのGAIN Capital社という金融会社から生まれたFX取引会社です。世界的にも有名なFX取引会社ですが、日本においては「フォレックス・ドットコムジャパン株式会社」として独立し、金融庁の管轄の下に営業を行っています。

基本的には日本の金融庁によって認定されているため、日本のFX取引会社と同様な管理下にあるといえます。こうした背景から、システムトレードに取り組む日本の為替トレーダーから、Forex.comは大きな評価を受けているようです。

2011年6月、矢野経済研究所がインターネット形式の調査を行いました。日本のシステムトレード利用者1144人に調査したところ、自動売買ツールとしてForex.comのメタトレーダー4が、総合評価で第1位という結果になっています。またさらに、そのシステムトレード利用者のうちメタトレーダー4の利用者158人へ行った調査でも、メタトレーダー4の提供会社への総合評価で、Forex.comが第1位となりました。

システムトレードは、今後の証券取引において大きい意味を持ってくることが予想されます。メタトレーダー4は、そのような取引ツールの中では非常に高い人気があります。そしてそのシステムトレードを行う日本のトレーダーに、Forex.comはかなり大きな評価を受けていることが、調査結果からも分かります。

またシステムの未利用者479人に調査したところでは、今後利用してみたいシステムトレードの提供会社の中で、Forex.comが第一位となっています。この調査からは、Forex.comの人気が今後さらに拡大していく流れにあるといえるでしょう。

Forex.comは、定期的に顧客の発注における約定率を発表しています。 取引においては、注文を行ったときと実際に成約したときの価格に、差異が生じることがあります。これをスリップページと呼びますが、FX取引者にとって大きな問題です。

特にメタトレーダー4の自動売買におけるバックテストでは、スリップページというものはテスト結果の中に換算されません。そのためスリップページの割合が大きい場合は、「バックテストでは良い結果が出ていたのに、実際に取引をしてみると、ずっと悪い結果だった。」ということもあり得ます。

このようなことからForex.comは、別のコンサルティング企業を使い、日本における他FX取引会社数社での取引を含めて、顧客の発注価格に対しての約定率を調査しました。その結果、Forex.comはトップの約定率という結果が出ました。このようにForex.comは、不公平なスリップページのない取り引きを提供し、取引の約定率を高く保つ努力をしているのです。





TOP
MT4利用可能業者<4社>
メタトレーダー関連コラム
運営者情報・リンク集

FXトレード・フィナンシャル