メタトレーダーの使い方ナビ >> メタトレーダー4の必要がないボタンを非表示にする方法

メタトレーダー4の必要がないボタンを非表示にする方法


メタトレーダー4はチャートとしてもとても高性能なチャートですが、値幅pipsから注文レート入力ボックスにレートを反映させる「レート反映ボタン」など、人によってはほとんど使わないボタンも結構たくさんあります。「実行 / 停止ボタン」や、決済選択チェックがされているポジションを一括決済する「一括決済ボタン」など、自分が普段ひんぱんに使うボタンだけを表示させる方法を詳しく説明していきます。

必要がないボタンを非表示にする方法は、比較的カンタンです。メタトレーダー4のチャート画面を開くと画面の上部に「ファイル」や「表示」などのバーがあり、そのすぐ下にメタトレーダー4のボタンがカテゴリ別に表示されています。たとえば「新規注文」や「Expert Advisor」のボタンがカテゴリや、その横には「Bar Chart」や「Candlesticks」などの表示があるカテゴリがあります。その下には「Vertical Line」や「Horizeontal Line」のボタンのカテゴリ枠があります。そしてその横には「M1」や「M5」などの時間足ボタンのカテゴリがあります。

やり方はどのカテゴリでも一緒で、自分が非表示にしたいボタンがあるカテゴリの上で右クリックをします。そうすると「ツールバーのカスタマイズ」と表示されたウインドウが現れます。この「ツールバーのカスタマイズ」のウインドウには、「非表示」と「表示」の2つの項目が並んでいます。この「表示」の項目から自分が非表示にしたいボタンを選択し、「削除」ボタンを押します。たとえばこのカテゴリには「Data Window」や「Navigator」などの項目などがありますが、「表示」の項目にあれば「Data Window」を選択し「削除」ボタンを押すと、「Data Window」が「非表示」の欄に移動します。

メタトレーダー4のチャート画面には、最初からすべてのボタンが表示されているわけではありません。そのため自分が頻繁に使うボタンが「非表示」になっている場合には、「非表示」の項目から自分が表示にしたいボタンを選択して「挿入」ボタンを押します。たとえば最初のボタンのカテゴリの「Help」が「非表示」の項目にあり、使い方が分からない時によくこの「Help」を使うのであれば「Help」ボタンを表示した方が便利です。

逆に「新規注文」ボタンなどは「F9」のキーを押すと行うことができるので、「新規注文」ボタンなどは非表示にしたほうがスッキリするかもしれません。ほとんど使わないボタンを非表示にすると、スッキリします。そこで表示にしたボタンだけを一ヶ所にまとめてみましょう。それぞれのカテゴリの1番前の部分をドラッグすると、移動することができます。そうすると自分が使うボタンだけが横一列に並び、使い勝手もよくなります。



メタトレーダーを無料で提供する国内FX会社・人気No.1はココだ!


  会社名 取引手数料 ドル円スプレッド 提供ソフト 申込み
FXトレードフィナンシャル(FXTF) 無料 HP参照 メタトレーダー 詳細

FXトレード・フィナンシャル
口座開設申し込みページへ進む

>>メタトレーダー人気業者ランキング2位以降はコチラ

TOP
MT4利用可能業者<4社>
メタトレーダー関連コラム
運営者情報・リンク集

FXトレード・フィナンシャル