mt4ヒストリカルデータでシグナル作成


相場価格に応じて反応するシグナルを作成するというのはMT4を使えば便利に行えると言えるでしょう。長期のヒストリカルデータを使いバックテストを行うことで、例えばその売買シグナル発信の条件となるパラメーターなどをどのような数値にすればよいかということをMT4の機能の中で調べたりすることができるからです。MT4のStrategyTesterでは条件のパラメーターを変更しながらその都度売買実績をMT4内で計算するというシステムとなっています。

この時に扱うヒストリカルデータですがMT4では取扱い上でいろいろな要素があります。ヒストリカルデータはMT4では拡張子が「.hst」となるヒストリカルデータファイルで扱われることになります。このMT4のヒストリカルデータファイルはネット上で長期データのものなどが出回っているようですが、FX取引では価格データというものは各FX取引会社によって異なったものになりますから、そのようなものを選ぶ場合はデータ自体が自分が取引を行おうとする取引会社のものであるかどうかということを注意すべきと言えるでしょう。

ヒストリカルデータのダウンロードは「Program File」>>「取引会社のMT4フォルダ」>>「history」>>「取引口座のフォルダ」を指定して保存すればMT4上で利用できるようになります。

またある銘柄のある時間枠のヒストリカルデータが既にMT4内にデータとして存在している場合に、同じ銘柄・時間枠のヒストリカルデータで更に過去のデータが収録されたものを所有していた場合は、既存のデータにそのデータを結合させて1つのヒストリカルデータファイルにすることができます。方法はMT4のメニューバーで「ツール」>>「History Center」で「ヒストリー・センター」ウインドウが開きますからその中の左の「通貨ペア:」の項目でその通貨ペアと時間枠の項目をダブルクリックで指定します。そうすると右側にその条件でのデータが表示されますが、これは既存のデータのものとなります。その後、下の「インポート」ボタンを押し、表示された「インポート」ウィンドウ内の「ファイル名:」の欄に挿入する新しいヒストリカルデータファイルを指定します。ファイルがフォーマットのような条件で適合したものであれば下の欄にそのデータの内容が表示されますから、「OK」を押せば既存のデータにそのデータが新しく加えられることになります。

ちなみにヒストリー・センターウインドウの左の「Download」ボタンをを押せば新しいヒストリカルデータファイルがダウンロードされますが、これはMT4を製作したMetaquotes社によるヒストリカルデータになります。



メタトレーダーを無料で提供する国内FX会社・人気No.1はココだ!


  会社名 取引手数料 ドル円スプレッド 提供ソフト 申込み
FXトレードフィナンシャル(FXTF) 無料 HP参照 メタトレーダー 詳細

FXトレード・フィナンシャル
口座開設申し込みページへ進む

>>メタトレーダー人気業者ランキング2位以降はコチラ

TOP
MT4利用可能業者<4社>
メタトレーダー関連コラム
運営者情報・リンク集

FXトレード・フィナンシャル