mt4からmt5へ移行


MT4を開発したロシアのMetaquotes社は2010年にMT4に続く取引ソフトのMT5(メタトレーダー5)をリリースしました。しかしこのMT5はMT4の後継ソフトとして完全にMT4に取り換えられるようになったかといえばそういうわけではありません。MT4は現在でも世界で自分だけの自動売買システムを作ろうとしている人々にとってはとても重要なソフトであり続けているようです。

また最近メタトレーダーを導入し始めている日本の国内系のFX取引会社もMT5ではなくMT4を導入する形をとっているようです。これはなぜなのでしょうか。

まず大きい理由としてはMT5で利用できる自動売買プログラムを作ろうとした場合、そのプログラム言語はMT4で使用されていたMQL4ではなくMT5独自のプログラム言語であるMQL5となるということがあります。このためこれまでMT4ユーザーが作ったMQL4でのプログラミングによるEAは、そのままではMT5では使用できないということになるのです。MQL5はMQL4と異なるとは言ってもその度合いはとても大きいものなので、MQL4によるEAをMT5の仕様にしようとするならばそれはとても大きな労力と時間を費やすということになってしまいます。

またもう一つの理由としてはMT5の取引システムがMT4と比べて規制がかかることになったということがあります。NFA (National Futures Association、全米先物協会)は現在、両建ての取引を禁止しています。そしてMT5はこの規制に則って両建てをできないシステムとなっているのです。

MT4と比べた場合の取引システム上の違いは他にもあり、MT5では同じ通貨ペアを決済する際に部分的な決済を行うことができないシステムとなっているようです。例えばUSDJPYを8ロット保有していた場合3ロット分を決済して4ロット分を維持するという事はできないということです。

両建ての禁止についてはソフトの製作会社がこのような制度的なシステムを導入したというのも何か妙な感じがしますが、NFAの規制の枠組みの外にある取引会社でもMT5を使用する以上両建てをすることはできなくなってしまいました。

これらの理由などから現在MT5は世界の証券取引現場でそれほど普及されないという流れとなっていますが、もちろんMT5の機能といえば長所もあります。MT4はFX取引に対応した取引ソフトですが、MT5は株式、先物、CFDにもうまく対応できるようになっているようです。



メタトレーダーを無料で提供する国内FX会社・人気No.1はココだ!


  会社名 取引手数料 ドル円スプレッド 提供ソフト 申込み
FXトレードフィナンシャル(FXTF) 無料 HP参照 メタトレーダー 詳細

FXトレード・フィナンシャル
口座開設申し込みページへ進む

>>メタトレーダー人気業者ランキング2位以降はコチラ

TOP
MT4利用可能業者<4社>
メタトレーダー関連コラム
運営者情報・リンク集

FXトレード・フィナンシャル