mt4でトラリピトレード


トラリピトレードとはIfDone注文をたくさん仕掛け、さらにそれを繰り返すという取引手法です。IfDone注文とは相場価格が最初に指定しておいた基準になった際に約定するような指値注文もしくは逆指値注文を仕掛けることを意味します。そしてDoneというのは相場価格が最初に指定しておいた基準になった際にそのポジションを決済することを言います。つまりIfDone注文とは利食いの価格を定めた指値注文もしくは逆指値注文のことを意味していて、トラリピトレードとはそのような注文を「トラップ」として複数仕掛け、ポジションが決済された後でも何度も繰り返す(リピートする)というものです。このような取引手法は成功すれば自動売買の中で何度も利益を生み続けるという可能性を持っていると言えるでしょう。

IfDone注文を1つの価格で一度だけ行うというのはMT4の注文送信設定を行えば簡単に実行することができます。取引したい通貨ペアのチャートを右クリック>>注文発注>>新規注文(N)、で注文発注ウィンドウが開きますから「通貨ペア」と「数量」を確認・選択し、「注文種別」で「指値または逆指値注文(新規注文)」を選び、下段の「注文種別」、「価格」、「有効期限」を選択し、さらに上段の「決済指値(T/P)」を設定し、「送信」ボタンを押せば完了です。

しかしこれを複数の価格において何度も行うということになれば、EAの作成が必要になるでしょう。

ちなみにこのような注文を送信するためのコードは「OrderSend( 通貨ペア名, 注文種別, 数量, 注文価格, スリッページの許容幅, 損切り価格, 利食い価格, 注文に付加するコメント, 注文に付加する任意の数字, 注文の有効期限, チャート上でのポジションのラインの色) ;」というコードを表記することになります。「注文種別」では「成行買い」、「成行売り」、「買い指値」、「売り指値」、「買い逆指値」、「売り逆指値」のうち何れかを選ぶことができますが、トラリピトレードであれば成行注文以外のものを利用することになります。またトラリピトレードでは「利食い価格」の設定が必要となるでしょう。(「損切り価格」などで何も設定しない場合は「0」と書きます。)

トラリピトレードのEAを作成するには、このようなコードで注文価格に複数のものを使い表記することになります。そしてトラリピトレードではポジションが決済されても何度でも「トラップ」を仕掛けるということですから、条件式を使いながら上記のコードを表記するということになります。



メタトレーダーを無料で提供する国内FX会社・人気No.1はココだ!


  会社名 取引手数料 ドル円スプレッド 提供ソフト 申込み
FXトレードフィナンシャル(FXTF) 無料 HP参照 メタトレーダー 詳細

FXトレード・フィナンシャル
口座開設申し込みページへ進む

>>メタトレーダー人気業者ランキング2位以降はコチラ

TOP
MT4利用可能業者<4社>
メタトレーダー関連コラム
運営者情報・リンク集

FXトレード・フィナンシャル