メタトレーダー4のアラーム


現在日本には、多くのFX取引会社があります。通貨ペアの価格が取引者の指定した一定条件に適合した場合に、取引者にアラームを送るというシステムは、多くの業者で採用されています。そしてメタトレーダー4にも、そのようなアラームの機能があります。

メタトレーダー4のターミナルウィンドウ内にある「アラーム」タブで、様々な条件設定ができます。その条件に適合したアラームを、ユーザーに送ることができるのです。

メタトレーダーでアラーム機能を有効にするには、まずアラームタブを右クリックします。表示された中から「作成」をクリックすると、アラーム条件設定のためのウィンドウが開きます。

ウィンドウが開いたら、まずアラーム条件設定ウィンドウの一番上段の「有効にする」の前にチェックを入れます。次にアラーム条件設定ウィンドウの「アクション指定」の項目で、希望の通貨ペアの提示価格が指定条件に適合した場合のアクション「Sound」「File」「Mail」の中から指定します。

さらにアラーム条件設定ウィンドウの「通貨ペア」で希望する通貨ペアを選び、続けて同ウィンドウの「条件」で希望の条件を選びます。具体的には、「BUY<」、「BUY>」、「SELL<」、「SELL>」、「TIME=」のいずれかの項目を選び、その対象の条件の数値を右に記入します。

次にアラーム条件設定ウィンドウの「音声設定」で、アラームのための希望の音声ファイルを選択します。ちなみに無記入の場合は、初期設定では「Program Files」の中の指定FX取引会社のフォルダの中の「alert」フォルダ内にある、「alert.wav」が指定の音声ファイルになります。無記入時の指定音声ファイルに関しては、メニューバーの「ツール」>>「オプション」の中の「音声設定」タブのリストの「Alert」項目で設定できます。

音声設定を完了したら、アラームタブの「間隔設定」でアラームの鳴り続ける時間を設定します。そして、アラームタブの「最大反復数」を設定しましょう。

このような設定はもちろんEAを利用しても行うことができますし、さらに複雑な条件設定を作ることができます。

メタトレーダー4は実行のためには、いつでもパソコンを起動させておかなければいけません。そのため、パソコンから離れている際でもパソコンを起動させたままにしなければいけません。通常は自宅などでパソコンと睨めっこしながらFX取引をしますが、外出することもあるでしょう。戸外などでメタトレーダーの状況を知るためには、アラームは有効な手段になるでしょう。



メタトレーダーを無料で提供する国内FX会社・人気No.1はココだ!


  会社名 取引手数料 ドル円スプレッド 提供ソフト 申込み
FXトレードフィナンシャル(FXTF) 無料 HP参照 メタトレーダー 詳細

FXトレード・フィナンシャル
口座開設申し込みページへ進む

>>メタトレーダー人気業者ランキング2位以降はコチラ

TOP
MT4利用可能業者<4社>
メタトレーダー関連コラム
運営者情報・リンク集

FXトレード・フィナンシャル