メタトレーダーでの平均足の設定


メタトレーダー4では、インジケーターが初期設定時の状態においてたくさん実装されています。 メタトレーダー4のインジケーターは、メタトレーダー4上の「ナビゲーター」ウインドウ内にある「羅線分析ツール」と、「Custom Indicators」のフォルダ内に見つけだすことができます。

羅線分析ツールのフォルダ内にあるインジケーターは、メタトレーダー4に元々組み込まれたものです。そのためスクリプトを見ることはできませんが、Custom Indicatorsのフォルダ内にあるインジケーターのスクリプトファイルは、Metaeditor内の「Navigator」ウインドウ内にある「Indicator」フォルダ内で見つけだすことができます。

Indicatorフォルダ内の指定のファイルをクリックすると、Metaeditor内にそのファイルが開かれます。そこでスクリプトの内容を書き換えれば、新しいCustom Indicatorを作り出すことができます。

「平均足」とは、FX取引での売買サインを見つけ出すために利用するインジケーターになります。メタトレーダー4のチャート上で平均足のインジケーターを開くには、前述の「ナビゲーター」ウインドウ内にある「Custom Indicators」フォルダ内の、「Heiken Ashi」ファイルをダブルクリックします。設定ウインドウが開きますので、その内容を確認して「OK」をクリックすると、アクティブなチャート上に平均足のインジケーターが表示されます。

メタトレーダー4のチャート上では、EAは1つのチャートあたり1つのものしか使えません。しかしインジケーターは、複数のものを同時に表示できます。 そしてインジケーターを編集したり削除したりするには、その表示チャートを右クリックし、「表示中の羅線分析ツール」をクリックすると現れるウインドウを利用することになります。

このウインドウ内のリストから、指定のインジーケーターを選び、クリックして指定します。その後、右にある「編集」または「削除」ボタンをクリックするという流れになります。 「編集」を選択した場合には、インジケーターの設定画面(インジケーターをチャート上に表示する際に現れた設定画面と同じ)が現れます。ここで、インジケーターの設定を編集できます。

この「平均足」の設定画面内の「パラメータの入力」タブでは、color1からcolor4 までの項目が、それぞれRed、White、Red、Whiteとなっていることがわかります。 そしてMetaeditorの右の「Navigator」ウインドウ内にある、「indicator」フォルダ内の「Heiken Ashi」ファイルをクリックすると、スクリプトファイルがMetaeditor内に開きます。そのスクリプトの上段に、以下のようなコードが表示されるでしょう。

extern color color1 = Red;
extern color color2 = White;
extern color color3 = Red;
extern color color4 = White;

このスクリプトの上段のコードは、「パラメータの入力」についてのものとなっています。このような内容はEAのスクリプトにおける基本的なものになります。



メタトレーダーを無料で提供する国内FX会社・人気No.1はココだ!


  会社名 取引手数料 ドル円スプレッド 提供ソフト 申込み
FXトレードフィナンシャル(FXTF) 無料 HP参照 メタトレーダー 詳細

FXトレード・フィナンシャル
口座開設申し込みページへ進む

>>メタトレーダー人気業者ランキング2位以降はコチラ

TOP
MT4利用可能業者<4社>
メタトレーダー関連コラム
運営者情報・リンク集

FXトレード・フィナンシャル