メタトレーダーでバックテスト


メタトレーダー4では、EAを利用してバックテストができます。バックアップテストとは、ユーザーが作成した独自の売買プログラムが、これまでの為替市場の中でどれだけの成果を収めることのできるものだったかを調べることができる機能です。

バックテストは、メタトレーダー4のStrategy Testerで行うことができます。 Strategy Tester(日本語バージョンでは「テスター」)は、メタトレーダー4のツールバーの「Strategy Tester」のボタンをクリックしてオンにすればメタトレーダー4の下段に現れます。

Strategy Testerを使うには、まず「Expert Advisor」のスクロールタブで指定のEAを選択します。次に「通貨ペア」のスクロールタブで指定の通貨ペアを選択したら、「モデル」からバックテストの精細さの度合いを選択しましょう。ちなみに「Every tick」が、時間がかかりますが一番精細なテストになります。

次に右の「期間」で時間軸を指定します。さらに下の「日付と時間を指定」にチェックを入れ、テストする期間を右の「開始日」「終了日」で選択すれば、バックテストの対象期間を指定することになります。あとはスタートボタンをクリックすれば、とバックテストが開始します。バックテストが終了すると、テスターウインドウに結果が表示されています。

ユーザーは、自分の作ったEAがこのバックテストでよい結果を出すまで、EAに指定してある条件などを変更してバックテストを続けるという流れとなります。 この際のEAの条件の変更というのは、一般的には利食い価格の値や損切価格の値など、EAで使われる様々な数値を「パラメーター」として変更します。それによって、最適な値というものを割り出したりできるのです。

このパラメーターというものは、Strategy Tester内の「Expert properties」クリックすると表示される「パラメーターの入力」欄で変更できます。実際にチャート上でそのEAを利用する場合には、EAの実行前に表示されるEAの設定画面でも変更できます。

バックテストで生まれた結果というものは、もちろん利益が上がればよいですが、逆にあまりにもコンスタントに損失が生まれているときも、そのEAには価値があると言えます。なぜなら、為替取引というものは買いと売りという双方が逆の行為によって成立しており、取引方法を逆にすれば逆の結果を生み出すからです。

「FXトレードフィナンシャル」では、Expert Lounge(エキスパートラウンジ)を通して口座開設者のメタトレーダー4における様々な質問に回答します。Strategy Testerの取り扱いは初心者には結構煩わしかったりするので、分からないことは尋ねて吸収していきましょう。



メタトレーダーを無料で提供する国内FX会社・人気No.1はココだ!


  会社名 取引手数料 ドル円スプレッド 提供ソフト 申込み
FXトレードフィナンシャル(FXTF) 無料 HP参照 メタトレーダー 詳細

FXトレード・フィナンシャル
口座開設申し込みページへ進む

>>メタトレーダー人気業者ランキング2位以降はコチラ

TOP
MT4利用可能業者<4社>
メタトレーダー関連コラム
運営者情報・リンク集

FXトレード・フィナンシャル