メタトレーダー4と一目均衡表


一目均衡表は、日本の細田悟一氏によって考案されたインジケーターです。5本の指標を使い相場のトレンドを分析するもので、世界の為替取引の世界でも評価されています。

メタトレーダー4でも「羅線分析ツール」のフォルダ内に、「Ichimoku Kinko Hyo」として「Custom Indicators」内で「Ichimoku」として実装されています。 このインジケーターの特徴は、過去と未来において固定された期間によって基準を作り、時期における分析というものを重視しているという点です。

一目均衡表とは、「基準線」、「転換線」、「先行スパン1」、「先行スパン2」、「遅行スパン」という5本の指標によって構成されています。 「基準線」とは、過去26日間においての高値と安値を2で割った値の平均値です。「転換線」とは、過去9日間においての高値と安値を2で割った値の平均値を表します。

基準線とは相場のトレンドを表す指標として一目均衡表の中での基本となりますが、転換線は相場の短期的なトレンドを表すものになります。この2つの指標を比較すれば、直近のトレンドがどれだけの勢いであるかを知ることができるのです。

「先行スパン1」とは、基準線と転換線の平均値となるものです。両者を足して2で割った値となります。「先行スパン2」とは過去52日間においての高値と安値を2で割った値の平均値ですが、チャート上で当日の位置から26日先の位置に移動させる形で表示します。そしてこの2つの指標によって囲まれた領域は「雲」と呼ばれ、市場価格が反発する抵抗帯として扱われます。

「遅行スパン」は「先行スパン2」とは逆に、過去52日間においての高値と安値を2で割った値の平均値を、当日の位置から26日後の位置に移動させる形で表示し、相場が26日後と比べてどのような状況にあるかを分析するために使います。

一目均衡表では、過去における最高値と最安値の生じた期日を記録し、その日から一定の間隔で同じような相場が生まれてくるというように推測したりします。つまり、期日を基本にした予測というものを重視するということです。

このような一目均衡表ですが、メタトレーダー4に実装されたCustom Indicatorの「Ichimoku」の設定画面では、「パラメーターの入力画面」に「Kijun」「Tenkan」「senkou」3つのパラメーターがあります。しかし、5つの指標における期間は「9日」「26日」「52日」というように元々定められていますので、パラメーターの変更の必要はありません。

一目均衡表は、細田氏の遺族が経営する株式会社経済変動総研の登録商標です。しかし、FXトレードフィナンシャルを初めとした各FX取引会社など多くの人々が、その性質について様々な意見を発表しています。



メタトレーダーを無料で提供する国内FX会社・人気No.1はココだ!


  会社名 取引手数料 ドル円スプレッド 提供ソフト 申込み
FXトレードフィナンシャル(FXTF) 無料 HP参照 メタトレーダー 詳細

FXトレード・フィナンシャル
口座開設申し込みページへ進む

>>メタトレーダー人気業者ランキング2位以降はコチラ

TOP
MT4利用可能業者<4社>
メタトレーダー関連コラム
運営者情報・リンク集

FXトレード・フィナンシャル