MT4とPIVOT


PIVOTとは前日の価格を使い、その日の相場を予想するためのインジケーターで、チャート上で相場の価格チャートを中心にして、その上下に上昇相場の反転の基準となるレジスタンス線と下落相場の反転基準となるサポート線を引いたものになります。

PIVOTはMT4では実装されていませんが、ネット上でCustom Indicatorのものをダウンロードできますから、それをMT4内に取り込んで使用すればよいでしょう。

PIVOTの計算式を示しますと、PIVOT=(前日高値+前日安値+前日終値)÷3、サポートライン1(S1)=PIVOT×2−前日高値、レジスタンスライン1(R2)=PIVOT×2−前日安値、サポートライン2(S2)=PIVOT−(レジスタンス1−サポート1)、レジスタンスライン2(R2)=(PIVOT −サポート1)+レジスタンス1となります。

このように計算式で示すとややこしい感じがするかもしれませんが、PIVOTは結局相場の反転を予想するための価格ラインとなりますから、生成されたインジケーター自体はそれほど難しいものではないでしょう。

上に述べた計算式によって導き出された レジスタンスラインとサポートラインはチャ−ト上に相場価格を中心に上下に示され、それぞれ上昇・下降相場が反転するための予想基準となります。

つまり上昇相場がR1かR2に近づいた場合は反転することを見越した売りシグナルを導くことになりますし、下落相場がS1かS2に近づいた時は反転することを見越した買いシグナルを導くということになります。このため、このPIVOTを使ってトレーダーが取引する際は、元々それぞれの価格ラインに逆張りの指値注文を設定するということが考えられますし、ポジションを保有している場合はこれらの価格ラインを基準にしてそれらのポジションを決済したりするということが考えられます。

もちろんこのインジケーターを使っていたからといって必ずしも相場価格が反転するとは限らないでしょうから、予想が間違った際の対応も用意しなければならないでしょう。 PIVOTは前日の価格を基準にするインジケーターであるために、毎日取引を行いその日ごとに相場の研究をするというデートレーダーに人気のあるインジケーターのようです。

そのようなことからすればMT4に実装していないのは不自然だと考える人もいるのではないでしょうか。もちろん今後の可能性として、実装されることになるかもしれません。



メタトレーダーを無料で提供する国内FX会社・人気No.1はココだ!


  会社名 取引手数料 ドル円スプレッド 提供ソフト 申込み
FXトレードフィナンシャル(FXTF) 無料 HP参照 メタトレーダー 詳細

FXトレード・フィナンシャル
口座開設申し込みページへ進む

>>メタトレーダー人気業者ランキング2位以降はコチラ

TOP
MT4利用可能業者<4社>
メタトレーダー関連コラム
運営者情報・リンク集

FXトレード・フィナンシャル