mt4とパラボリック


パラボリックとはSARと呼ばれる点の曲線で構成されたインジケーターで、MT4ではナビゲーター>>羅線分析ツール>>Parabolic SARからチャート上で利用することができますし、ナビゲーター>>Custom Indicator>>Parabolicからでも利用することができます。

このインジケーターは買いか売りのどちらかのポジションを保有しているものと見なし、両方の状態が相互に移り変わるという認識に基づいていたものになります。SARは、買いポジションのケースでは相場価格のローソク足チャートの下に、売りポジションのケースでは相場価格のローソク足チャートの上に表示されます。買いと売りそれぞれのSARの転換の時点は、買いポジションのケースではSARが相場価格の下降によってローソク足の安値と衝突するポイントとなり、売りポジションのケースではSARが相場価格の上昇によってそのローソク足の高値と衝突するポイントとなります。ちなみに買いと売りそれぞれの曲線の転換時の価格に連続性はなく、曲線の開始時の価格は、 EP(Extreme Point)と呼ばれ、買いポジションのケースでは前の曲線の最高値、売りポジションのケースでは前の曲線の最安値となります。

またパラボリックは相場でのトレンドというものが永遠に続かないという認識に基づいたものとなっていて、AF(Acceleration Factor)という値を0.02〜0.2の間に定めて、EPの値が更新されるたびにそれを0.02づつ増やしていくということを行います。ただAFが0.2以上になることはありません。そしてSARは=(EP − 前日のSAR) × 前日のSAR+AFと計算することができます。

MT4のナビゲーター>>Custom IndicatorからParabolicをダブルクリックするとプロパティウィンドウが開きますが、その中のパラメータータブを見ると「Step」が「0.02」、「Maximum」が「0.2」という表示を見つけることができます。この場合StepがAFでありMaximumがEPを意味します。

パラボリックは相場に応じて買いと売りという2つの状態を繰り返すインジケーターですが、大きいトレンドでは効力を発揮するものの、ボックス相場のような一定の価格の間を行き来するような相場では誤った判断のシグナルを発信することがありますので注意が必要です。このためADXDMIのようなオシレーター系のインジケーターを併用するということが良いとされているようです。MT4ではADXDMIはナビゲーター>>羅線分析ツールの中に「Average directional Movement」として実装されていますからチャート上で併用することができます。



メタトレーダーを無料で提供する国内FX会社・人気No.1はココだ!


  会社名 取引手数料 ドル円スプレッド 提供ソフト 申込み
FXトレードフィナンシャル(FXTF) 無料 HP参照 メタトレーダー 詳細

FXトレード・フィナンシャル
口座開設申し込みページへ進む

>>メタトレーダー人気業者ランキング2位以降はコチラ

TOP
MT4利用可能業者<4社>
メタトレーダー関連コラム
運営者情報・リンク集

FXトレード・フィナンシャル