メタトレーダー4とスローストキャスティクス


スローストキャスティックストは、ストキャスティックストという移動平均線のインジケーターをさらに安定化させたものです。ストキャスティックストとは、定義された期間で生まれた相場の.上昇において、当日の上昇局面が何パーセントを占めているかということを示すインジケーターです。その日の相場が、売られ過ぎか買われ過ぎかを判断するための材料となります。

買われ過ぎと判断されれば、売りの逆張り戦略を使えるでしょう。逆に売られ過ぎと判断されれば、買いの逆張り戦略を使うことができます。ストキャスティックストは、%K(K線)と%D(D線)という2種類の指数によって構成されています。

%Kとは、以下のような計算式で算出されます。

(当日の終値−定義された期間の最安値)÷(定義された期間の最高値−定義された期間の最安値)×100%

そして%Dとは、この%Kの移動平均となります。

ストキャスティックストでは、%Kよりも%Dの方が重要視されます。また%Dの数値が70パーセント以上であれば買われ過ぎと判断され、30パーセント以下なら売られ過ぎと判断されます。そのような状況の際に反転の兆しが生まれれば、売買における一つのシグナルと見ることもできるでしょう。

また一般的な移動平均線における判断と同じく、%Kと%Dの比較において相場の状況を判断することができます。つまり%Kを%Dが上に突き抜ければ、その時点は買いのシグナルと見ることができ、下に突き抜ければそれを売りのシグナルと見ることができるということです。

ただしストキャスティックストは、相場でトレンドが現れてきている状況ではあまり判断材料として有効にはならないことが多いようです。なぜなら、例えば線の値が70パーセント以上であっても、反転しなかったりすることが多いのです。

「スローストキャスティックスト」とは、このストキャスティックストの%Dを%Kの役割とし、その%Kの立場となった%Dをさらに移動平均化したものを、%Dの役割(スロー%D)にしたものです。スローストキャスティックストはストキャスティックストと比べて緩やかなものになり、突発的に誤ったシグナルを生み出すことが少なくなると言われています。

メタトレーダー4では、羅線分析ツールとしては「Stochastic oscillator」、Custom Indicatorsとしては「Stochastic」として、このスローストキャスティックストが実装されています。

「Stochastic」設定画面の「パラメーターの入力」タブでは、「Kperiod」というものが元のストキャスティックストにおける%Kの期間です。「Dperiod」は%Dの期間、「Slowing」がスロー%Dの期間となります。

トレンドと関連したスローストキャスティックストの動きなどは、多くの取引者が注目しいることでしょう。「FXトレードフィナンシャル」のExpert Loungeなどで、常に関連した情報はキャッチしておきたいものです。



メタトレーダーを無料で提供する国内FX会社・人気No.1はココだ!


  会社名 取引手数料 ドル円スプレッド 提供ソフト 申込み
FXトレードフィナンシャル(FXTF) 無料 HP参照 メタトレーダー 詳細

FXトレード・フィナンシャル
口座開設申し込みページへ進む

>>メタトレーダー人気業者ランキング2位以降はコチラ

TOP
MT4利用可能業者<4社>
メタトレーダー関連コラム
運営者情報・リンク集

FXトレード・フィナンシャル